びわますについて

 

 

びわますはびわ湖にしか生息しないサケ科の固有魚です。

その稀少さから「幻の魚」と呼ばれています。

 

また、きらきらと光る体面の美しさから「びわ湖の宝石」とも呼ばれています。

 

琵琶湖に注ぎ込む河川で冬にふ化した稚魚は初夏に琵琶湖へ下り、

冷水層でコアユ・イサザ・エビなどを食べて3~4年成長した後、

故郷の河川へ再び遡上し、卵を産んで一生を終えます。海と琵琶湖の違いはありますが、

 

サケと同様の生活史を持つ魚が琵琶湖にいることは、あまり知られていません。

<びわますの味>

 

 

びわますの身の色は鮮やかなサーモンピンクで、

旬の夏にはトロにも負けない上質な脂が全身に乗り

たいへん美味です。

 

びわ湖の北側の澄んだ水で過ごしているので

生臭さもありません。

当館では品川さんの一本釣り天然ものを

取りあつかっています。

その卓越した技術と水槽で活かしていることもあり

鮮度は抜群です。

 

 

 

<当館で提供しているメニュー>

 

 

びわますの炙り

 

 びわますの刺身を少し炙ったものです。

 

 びわますの味をストレートにお楽しみいただけます。

 

びわますのちゃんちゃん焼き

 

 びわますを野菜と一緒に蒸し焼きにした料理

 バターと味噌で味付けした郷土料理です

 

びわます御膳

 

 びわますの炙り、から揚げ、あら汁を一度に

 食べられる御膳料理です。

 

 

 


<コラム~高島市とびわます~>

 

サケ科の魚の放流の起源は高島市にあります。

今でこそ全国各地で放流されていますが、明治時代に

初めて放流がおこなわれたのが高島市でのびわます放流でした。

釣りの港も湖の各地にありますが、地形的に北西の風の影響を受けにくい

びわ湖の西側のみなとは比較的穏やかなこともあり、

品川さんも高島市の港を選んでいます。

お電話でのご予約・お問い合わせ

TEL : 0740-20-6570

受付時間 AM11:00~PM7:00(休館日を除く)

 

メールでのお問い合わせはこちら